烽火山都堂グッ

  • About Jungnang
  • Greetings
烽火山都堂グッ
  • 種目 : 無形文化財第34号
  • 名称 : 烽火山都堂グッ
  • 指定日 : 2005.01.10

ソウル特別市指定無形文化財第34号(2005.1.10 指定)の烽火山都堂グッは、約400年間、地域住民の安寧と結束を祈り、共同体意識を高めてきたソウルの村のクッである。ソウル市中浪区新内洞山141番地に位置する烽火山の都堂において旧暦3月3日(桃の節句)に行う。

烽火山都堂グッは最初、中和洞、上鳳洞、新内洞が共同で行ってきたが、最近では今年新内洞が行ったら、その翌年は中和洞と上鳳洞が主管するなど、交互で行ったものを、最近では中浪文化院の烽火山都堂祭保存委員会が中心となって毎年開催している。

烽火山都堂グッは前日、堂主が都堂に上がって都堂グッに必要な供え物を点検することから始まる。翌日は山神ばあさんの神像の安置された祭堂とその下の空き地の祭壇に祭壇が作られる。

往十里巫女と楽士のチェビ5人が祭壇の南の道端で厄払いを始め、朝から夕方まで行う。最後はあらゆる雑鬼を食べさせる行事で都堂グッは締めくくられる。

ソウル特別市無形文化財(第34号)保有者

ソウル特別市無形文化財(第34号)保有者
名称 技能・芸能 保有者 指定・認定の理由
氏名 性別 生年月日 住所
烽火山
都堂グッ
巫女 シン・ウィヘン 1939.5.26 ソウル市 中浪区 上鳳洞 シン・ウィヘンは烽火山都堂グッの堂主巫女であり、系譜が明確であると同時に技芸に優れているため、ソウル特別市無形文化財芸能保有者として認める。
楽士 キム・グァンス 1945.11.23 ソウル市 江南区 大峙洞 キム・グァンスは烽火山都堂グッの楽士であり、40年間巫楽演奏を行い、巫クッ楽士の系譜が明確であると同時に技量に優れているため、ソウル特別市無形文化財芸能保有者として認める。
/WEB-INF/jsp/jpn/cts/03/01/07/0301070101.jsp